~避暑地の猫~
脳のリズムが奏でる永遠の時空
大宮/音信普通

読書in大宮公園

最近、うちの家内、朝からテレビドラマを…。

それがまた懐かしいドラマ!
子供の頃よく見てた 「奥さまは魔女」

どうして朝?とは思うんですが、テレビ局も面白いことをするもんですね。
こちらとしても忙しい朝なのに、家内につられて、思わず立ち止まって、いっしょに見入っちゃうことが。

そしたら、画面の中で
ダーリンのことが大嫌いなエンドラ(サマンサの母親)が
「あんな男、ヒキガエルにしちゃえばいいんだよ。なんなら怪獣にしてやろうか…」

って言うセリフが。

すると、何かを思い出しだように、突然家内が、
「ねえ、ねえ、知ってる?今度、さいたまスーパーアリーナに怪獣が来るんだよ」

「ふ~ん…」

「すごいんだよ。行きたいなあ」

「お前、怪獣好きだったんだ?でも、怪獣っていったい何?ウルトラマンショーかなんか?」

「ウルトラマンじゃないよ。ほら、映画でもやってたじゃん…。なんだっけ、う~んと、ジェラシーじゃなくて」

「ひょっとしてジュラシックパーク?」

「そう、それそれ!」

「んじゃ、そりゃ恐竜だろ!」

「あっ、そうそう、恐竜」

お前はローラか!ていうツッコミを入れながら、
朝から天然モード全開の家内に、爆笑しながら白衣に着替える私…。

余力のある朝だから、笑えるけど、
1日の診察が終わって、疲れているときは…、
笑えない…。

そんなコメディと忍耐が交互にやってくる毎日で~す(笑)。


さて皆さん、GWは楽しく過ごせました?

私は仕事でしたが、先週の木曜(休診日)、久しぶりに大好きな “青空読書” ができました。

家内がどうしても借りたい本があるというので、北区役所の図書館に寄って、


数冊の本を借りた後、ステラタウン内の中華デリの店で、
最近ハマってる「生春巻き」をゲット。

春雨が大好物の自分にとって、
ここの生春巻き、春雨のボリュームがすごいし、美味!

で、そのあと土呂駅からほど近い公園「市民の森」へ。

いざ、ランチタイム!
さっきの生春巻き、家で作ってきたキャベツとめかぶのサラダ、長岡式酵素玄米。

下が酵素玄米のアップ。

美味しそうでしょ。上に乗っているのは梅干し。
数年前から、我が家の主食はこれ。

ん万円もする圧力釜で炊く本格派の酵素玄米。
(老後は、軽井沢で「酵素玄米カフェ」のオーナーっていうのもアリ?…)

そして、今や家内の大好物“ビール”

うんめ~!最高~!
昼間のビールはまた格別~!

実はここ半年間、スイーツ中毒症状が悪化してまして…、
なので、一念発起して、1か月前から砂糖断ちを敢行。

私の人生において、これが3回目の砂糖断ち。
今回はいつまで続くか分かりませんが。

でも
そのおかげで、最近は味覚が正常に戻りつつあるので、
キャベツの甘みに感動、酵素玄米の美味しさに歓喜の日々。

本当に白砂糖の害は恐ろしいです。
人によっては深刻な味覚障害を引きおこし、麻薬中毒と同様の依存症になります。
(砂糖中毒の記事はこちら

その場合、「脳が感じる快感」と「身体(内臓)が求めているもの」が、甚だしく乖離することに。


こうした、言わば “脳体不一致” が、五感力の低下を招き、
ひいては様々な病気の遠因になり得ます。

医師のなかには、「うつ病の原因は砂糖」と主張している人もいるくらいです。


皆さんも、五感力UPの必要性を感じるとか、
自分の体臭が気になるとか、体調がおかしいと感じたら、
試しに1週間でいいので、砂糖断ちをしてみては?

その違いにきっと驚きますよ。

どうしても甘いものが止められないという人は、
せめて白砂糖(上白糖)のような精製糖の摂取を控えて、
できるだけ
未精製糖(黒糖・甜菜糖・きび砂糖など)や
アガベシロップや甘酒のような天然、低GIの甘味料を使っているものを
摂るようにすれば
膵臓や肝臓への負担をかなり減らすことができます。


スーパーやコンビニで売られているお菓子やパン、
和菓子店やケーキ屋さんなど、ほとんどのスイーツショップは
白砂糖(上白糖)を使っているので、
何も考えずに、スイーツを食べ続けると、
血糖値の急上昇に見舞われ続けた身体は、
どんどん老化していきます。

今やアンチエイジングの最先端は
“少食” と “低GI” だということをお忘れなく。


さて、市民の森での気持ちいいランチのあとは、場所を移して、大宮公園に。

さあ、読むぞ!

ここにきて、痛み記憶の再生に続く、ものすごいインスピレーション第2弾が来たので、
それを補完するため、これから20冊近い本を読みこんでいかねば!

その結果は、次回の研修会もしくはブログにて…。
お楽しみに。